« 萌えるシンセ | トップページ | drift box s »

2009年4月12日 (日)

DIYシンセ

世の中には、シンセで曲を作るだけでなく、シンセ自体を作る方がたくさんいます。
その中でも、とても気になる方々を紹介します。

Starfire's Tech Blog
ここでは、pulsarというシンセ+シーケンサが紹介されています。

すばらしい! 操作性とか機能を無視して小型化に走る姿勢が良いです。実際、動画よりさらに小型のタイプの構想もあるらしいし。ちょっとそそられますね。

次に紹介するのはMooftronic

これ以上ないくらい小型です。演奏というより実験とか調整という言葉を思い出させる動画ですね。

接点を直接指で触って音色を変更してるのには、驚愕せざるを得ません。

こちらのAVRマイコンボードを使うと、自作できそうだなーと思いつつ、手を出していません。

最近話題のArduinoを使ったシンセもいろいろとあるようなので、ゴールデンウィークにでも自作してみようかなぁ、しないだろうなぁ。。。

|

« 萌えるシンセ | トップページ | drift box s »

コメント

こんにちはsunyasoo16です。
興味深い映像ですね。
自分自身小さい頃から電子音の好きな子供だった事を思い出しました。

投稿: yasoo16 | 2009年4月15日 (水) 07時29分

yasoo16さん、かなりな電子音好きとお見受けしました。
マニアックなシンセ好きそう…と思いました。

投稿: mugenkidou | 2009年4月16日 (木) 23時08分

初めての電子音体験は小学校低学年の頃、妹が習っていたエレクトーンのアルペジエーターで遊んだ事でしょうか。
無限さんの電子音初体験の記憶は何でしょうか?

実際に所有したシンセはオールインワンタイプを数台所有しただけでマニアック系はずっと憧れで終わっています。

最近はソフトシンセの世の中でハード系は何だか寂しいですねぇ。

投稿: yasoo16 | 2009年4月17日 (金) 14時07分

最初の電子楽器は、高校生の時に買ったヤマハのリズムマシン、RX21です。
ここ数年はElectribeシリーズにはまっていましたが、DS-10が出てからはメイン機材がDS-10になってしまいました。

投稿: mugenkidou | 2009年4月17日 (金) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170932/29091905

この記事へのトラックバック一覧です: DIYシンセ:

« 萌えるシンセ | トップページ | drift box s »