2011年5月29日 (日)

monotribeとDS-10の同期

お久しぶりです。無限軌道です。
1年半ぶりの更新です。

昨日発売になった、KORG monotribeを購入してみました。
STNTH、BD、SD、HHの4パートのアナロググルーヴボックスという、古いんだか新しいんだか不明な楽器ですが、音は素晴らしいです!

でも、さすがに4パートでは限界があるので、DS-10と同期させてみました。

用意するもの
1. monotribe
2. Nintendo DS
3. DS-10またはDS-10 Plus
4. オーディオケーブル(ステレオミニ - モノミニ×2)

1.~3.は説明不要ですよね。
4.のケーブルは、こんな感じのやつです。
Cable
僕はVictorのCN-206Aというのを使いました。
黒い端子はDS-10に、白い端子はmonotribeのSYNC-INに接続します。赤い端子はDS-10の音声出力としてミキサーなどに接続しましょう。

次にDS-10側の設定です。
今回は、DRUM4を同期用のクリックとして使用します。

まずはDRUM4の音色設定。
Synth

ちょっとピンぼけですみません。
各パラメータを以下の通りに設定してください。
(数値は、0:min, 100:maxを意味します)
PITCH : 100
EG INT : 100
VCO1 : 三角波
VCO2 : 使わないので何でもOK
VCO2 PITCH : 使わないので何でもOK
BALANCE : 0
VCO SYNC : OFF
CUTOFF : 100
PEAK : 0
EG INT : 50(CENTER)
TYPE : LPF
ATTACK : 0
DECAY : 0
SUSTAIN : 0
LEVEL : 100
DRIVE : 0
VCA EG : EG

次はDRUMのシーケンス画面。
Seq
DRUM4を全てONにします。

次はDRUM4のNOTE。
Note
全てC5です。

DRUM4のGATE。
Gate
全て25%にします。

最後はMIXER。
Mixer
DRUM4はLEFTに、それ以外は全てはRIGHTに振り切ります。
DRUM4のLEVELは真ん中よりちょっと上くらい。DS本体の音量は最大にしてください。

monotribeを起動してPLAYを押しましょう。SYNC-INに接続されている場合はPLAYを押しても再生は始まりません。
ここでDS-10を再生すれば、monotribe側も同期して再生が始まります。

DRUM4の音量が小さすぎるとmonotribeがスタートしないし、大きすぎるとスピードが早くなってしまったりするので、MIXER画面で調整してください。
今回の実験では、10分以上同期ズレは発生しませんでしたが、調整をちゃんとしないと同期ズレが結構発生します。僕はDS-iで試しましたが、他のDS(オリジナル、Lite、LLなど)では音量が違うことがあるので、DRUM4の音量調整は必ず必要です。結構シビアなので、いろいろ試してみましょう。

iPhoneアプリのSyncKontrol for monotribeを使う時と同様に、DS-10側のSWINGを変更するとmonotribeもスイングします。

LEFTを同期に使用するのでDS-10はRIGHTのみのモノラルになってしまいますが、音の幅は広がります。
是非試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

1月23日「h.d.s.TOKYO」に出演します

「h.d.s.TOKYO」というイベントに出演させていただくことになりました。

30分ほど時間をいただいたので、今までの集大成的な感じのライブになると思います。新曲も製作中。
見に来ていただけたら嬉しいです!
--------------------------------------------
Hdstokyo_track1

東西を代表するテクノ番長GroovetuneとSatoshiImanoの邂逅が生み出した
「Voszap」のリリースを記念して、
AVSSが贈るテクノパーティー"h.d.s.TOKYO"がスタート!!

AVSSのパーティーではお馴染みのHONDALADYが出演するほか、
「もっけ」でお馴染みの漫画家、熊倉隆敏が電撃出演!!
映像と音楽の見事なコラボレーションが好評のニッポニア・エレクトロニカ、
町田のテクノシーンを牽引し続けるYu Kiyomiya/ni-21のB2Bに加え、
広島から高知経由、大阪〜東京をHappyにフロアジャックするScouseTOKYO!クルーがフロアを盛り上げます!
そして茶箱を代表するテクノDJの一人、Sangoと
AVSSのテクノ大好きDJ、五条狐萩が東京の夜を彩ります。

楽しかったら全部アリ!!!
AVSSのパーティーへぜひぜひ遊びに来てね!

// h.d.s.TOKYO Track.1 //

日時:2010年1月23日 22時スタート
会場:東京 渋谷 SecoBar
料金:2500円(wit 1ドリンク)

【 出演者 】
-Main Floor-
Groovetune(AVSS / Mind Circus Recrods
SatoshiImano(AVSS / LETREC) + 結樺レイナ(Irisbijou)
熊倉隆敏(漫画家)
HONDALADY
ニッポニア・エレクトロニカ
Yu Kiyomiya(CAGE) / ni-21(ECLIPSE)
Sango
Scouse!TOKYO
五条狐萩(AVSS / 天燈通信社)

-Second Floor-
DJ MCT(FUNKY HOUSE/FUNKOT from BALI)
teva(Ole!Night!!)
USA(ECLIPSE
mitsuru_em(karavan)
無限軌道(若草レコード)
kaxtupe(cheese cake)
haLRu / 和泉幸奇 (音盤夜行)
L-eye(AVSS / cheese cake)
ちゃーりー(AVSS)

-VJ-
ぅぃ(後藤王国)
Dee!(AVSS

■主催■
AVSS : http://avss.tk

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月27日 (月)

KORG DS-10 お誕生会の報告

昨日、DS-10一周年のお誕生会に出演いたしました。

一言で言えば、非常に素晴らしいイベントでした。皆さんの音がDSから出ているとは思えない程の完成度。
特に、Cardic tranceさん、Gospelyさん、怖音さんに感動しました。

Cardic Tranceさんは、クラブで踊ってるんだろうなーという音。フロアを知ってるのが解る音です。
Gospelyさんは、KRAFTWERKが大好きなのがにじみ出てました。本人がパフォーマンスを楽しんでるのが伝わってきました。
怖音さんは今回一番の衝撃。初期のAphexTwinを彷彿とさせるノイズ・ミュージック。天才が目覚める瞬間に立ち会ったような気持ちです。

若草レコードのライブは、想定通りの良い出来(僕はあからさまな失敗を2つもしてしまったので、大いに反省ですが)。特に孫娘の評判が良かったです。

ラストの松前公高さんは圧巻でした。技術と経験から繰り出される音はさすが。昔からの憧れの人と同じステージに立てたというだけで感動。

思えば一年前にDS-10を入手してから、ほぼ毎日いじってます。これまで何台もシンセを購入しましたが、こんなに掘り下げたシンセは初めてです。
若草レコードの結成、みんなで切磋琢磨しながらの曲作り、ライブ出演、ついにはiTunesで曲をリリースするところまで来ました。
本当にDS-10と若草レコードで人生が変わったと思います。
東條平八郎、THE歩兵、孫娘に心から感謝。面と向かって言うのは恥ずかしいのでブログでwww

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年6月 9日 (火)

Live at 茶箱、DS-10PARTY!!

6月6日にヨナオケイシさん主催のDS-10 PARTY!!というイベントに参加させていただきました。
そのときの動画です。

殆ど真っ暗でVJ画像以外は判別できませんがwww
音はよく録れていると思います。いままでやったライブの中では一番うまくいきました。

当日は最初から最後までかなり盛り上がり、とても良いイベントでした。次は7月だな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

地下通路

新曲が出来たのでアップしました。

暗いアンビエントです。
居心地が悪いというか、収まりが悪い感じを目指して作りました。

タイトルの地下通路は、バイオハザードに出てきそうな、天井に変な生物が張り付いていそうな感じをイメージしてつけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

DS-10に欲しい機能

DS-10にぜひ欲しい機能を考えてみました。MIDI対応を!とか言い出したらキリがないので、可能そうな範囲で。

  • ドラム音色のエディット中に再生される音の高さを設定できたら…
  • ドラムはサンプリングなんだからリバースできたら良いのに…
  • エフェクトのパラメータもシーケンサで変更できたら…

考えただけでヨダレが出てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガジェラボ動画

昨年出演させていただいたガジェラボ2の動画がニコ動で公開されました。

我ながら地味なライブ映像…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

DS-10の良くないところ

・パートの編集機能が貧弱すぎ
パターンのコピーはできます。音色のコピーもSAVE/LOADを介して可能です。しかし、パートのコピー・移動が全く出来ないんですよ。これは困ります。パターンが増えると、一つ一つ変更するのが大変すぎます。

・ソング再生中に何もできない。
ソング再生中もシンセのパラメータとかエフェクトとかミキサーをいじれたら、どんなに曲の幅が広がっただろう…と思います。特にライブ演奏を考えると、欲しかった機能です。

・画面小さすぎ
これはDS-10ではなくてDSの問題ですが。DSiで少し画面が大きくなっているとはいえ、小さすぎですね。画面サイズが縦横2倍のDSがあれば、絶対に買います。少々高くても買います。

と、いろいろと不満を述べてみましたが、そんな事は気にならないぐらい、DS-10は素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

DS-10の良いところ

DS-10って何が良いの?と聞かれる事がたまにあります。いろいろと考えてみたんですが、以下の3つに集約されるのではないでしょうか。

・音がよい
まずはこれでしょう。非常に音がよい。最初にスタジオに入って大音量で鳴らしたときの驚きは今でも覚えています。DS-10はおもちゃではなく本物の電子楽器であると断言できます。

・一台完結かつポータブル
シンセx2 + ドラムx4のシンセをDSサイズで持ち運べるというのは夢のようです。テクノ的な音楽であればDS-10だけで十分曲を完成させられます。

・使いやすい
ペンによる操作がこんなに音楽制作に向いているとは思っていませんでした。シーケンサ自体も使いやすいです。

と、ほめてばかりというのも気持ち悪いので、次はDS-10の良くないところについても書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

MIDI同期

ある程度DS-10を使うと、必ず「MIDIで他の楽器と同期したい」という要望が出ると思います。
必要な機能が揃っていて一台完結で曲を作れるのはDS-10の良さですが、他の楽器と一緒に使いたいというのも、もっとな要求です。

そんなときに嬉しいのがこれ。
http://little-scale.blogspot.com/2009/02/how-to-sync-something-to-nds-korg-ds-10.html

little-scaleというブログでMax/MSP5を使って同期するためのパッチが公開されています。
4つ打ちのビートを検出して同期させる単純なパッチです。

本当に同期しているのかどうか、全く分からないビデオですが。

僕はPCが修理中なので、MIDI環境が無く試せません。。。
試した方いらっしゃいましたらコメントいただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

DS-10 | その他 | カレー | シンセ | 若草レコード | 音楽